ひとりごと

Markdown記法を使ってみる

投稿日:

Markdown記法?

正直なところ、WordPressに触れていないと全く知らなかったかもしれない記述方法でした。
今まで文章を作成するというときには、テキストエディタを使って文章を作成するか、本格的に作成するならばワープロソフトを使ってしっかりと書式設定を行っていました。
通常業務であればこれで問題はありませんし、見た目もきれいです。
あと比較対照となるとすれば、ちょっと違いますがHTMLファイルでしょうか。
それぞれメリットデメリットを出してみると次のようになるでしょう。

種類 メリット デメリット
テキストエディタ OS標準でプログラムが入っている
軽量なプログラムが多い
書式設定が一切できない
ワープロソフト 書式設定が自由自在
きれいに印刷が可能
表現力が高い文章を作れる
無料の物もあるが基本的に有料
データが専用形式
HTMLファイル ある程度の書式設定は可能
実は中身はテキストファイル
専門的な知識必須

印刷するデータを作成するならばワープロソフト一択です。メモを取るならばテキストエディタ。
そこまでは良いのですが、ちょっと長めの文章なんぞ作ってみると意外と見出しの重要さに気付いたりします。
そしてWordPressの文章などは基本はほぼ文章。どっちにしてもWeb画面からではないと書式設定はできません。
iPadから書こうとしたり外から記事書いたりすると文章がとっちらかっちゃってどーにもならない状態になります。
そこで登場するのがマークダウン記法となります!

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。もとはプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発された。
Wikipediaより引用

先ほどの表でHTMLファイルを例に入れましたが、HTMLを略さずいうと…
【 H(yper) T(ext) M(arkup) L(naguage) 】となります。
途中のMに注目してもらうと気づくと思いますが、マーク「アップ」です。
今回の文章はマーク「ダウン」です。
さらにWikipediaを参照してみると…

「書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML)文書へと変換できるフォーマット」として、ジョン・グル―バー(英語版)により作成された。アーロン・スワーツも大きな貢献をしている。[1]Markdown の記法の多くは、電子メールにおいてプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得ている。
Wikipediaより引用

つまり、普通のテキストエディタで作られたテキストファイルですが、マークダウン記法を利用することにより、HTMLより簡単な記述方法でHTMLと同等(完全ではないですが)の表現ができる文章を作成できることになります。
さらに、WordPressもマークダウン記法に対応しており、簡単な設定でマークダウンで記述された記事を投稿することができるようになります。
これは覚えないわけにはいきませんね。

使ってみよう

さて、とりあえず準備するものとしてはテキストエディタがあれば十分です。
専用のエディタもありますが、まず最初に使ってみようという内容であればそのためだけに取り込む必要はないでしょう。
実は数回前のポストからこのマークダウン方式をネット使用しています。
今回のポストまでに利用してきているものはただ一つだけ。見出しを大きくするための記述方法のみです。

この方法は特に簡単で、すぐに使うことができます。

頭にシャープを追加するだけです。
なんて簡単!
これを、実際の内容として記述してみるとこうなります。

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

どうでしょうか。
同じコトをHTMLで実行しようとすると次のようになります。

となります。HTMLの書き方の基本はタグで文章を囲むというもの。
このため、「H1」タグで「見出し1」という文章を囲んでいることがわかると思います。

マークダウンでは見出しとしたい文章の先頭にシャープを入力するだけで、その行を設定することが可能です。HTMLの書き方になれている方であればスムーズに移行できると思います。

この他にもさらにたくさんの命令文があり、そのどれもが簡単に記述できるようになっています。

ブログの記事を書きためるくらいであれば非常に役に立ちそうです。

モブログ目的であればさらに役立つのではないでしょうか!

なれるまでこの書き方で記事投稿をしていきたいと思います!

-ひとりごと
-, , ,

Copyright© とあるパソコン屋の… , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.