プライベート

夜中のサイクリング

投稿日:

仕事が終わってからクロスバイク引っ張り出して出発!

とはいえ、実はというか初回のサイクリングで途中ぶっ倒れかけたため(笑。いや、笑い事でなく)、今回は晩ご飯食べて、スポーツドリンクをボトルに詰め込んで出発です。

ちなみにボトルは新品(^_^;;
ボトルゲージも新品。
そしてついでにiPhone用の防水ケースも取り付けて、さらに新調した空気入れでタイヤの空気圧を適正に合わせてから出発しました。

なんか出発までに疲れた気がします。

ちなみに、今まで空気入れはコンパクトタイプの空気入れを使っていたのですが、いつまでたっても適正空気圧にならないため、もったいないのですが買いなおしました。
コンパクトタイプは持ち運びにはよいのですが、クロスバイクやロードに使われる高圧タイヤに適正空気圧になるまで入れるためには数百回ポンプしないと入りません。
これでは出発する前にぶっ倒れてしまいます。

新調した空気入れのまぁ簡単なこと。
すいすい入ってしまいました。
最初からこれ買っときゃよかった……orz

何はともあれ出発です。
適正空気圧って大切ですね。
今までよりだいぶ軽く進みます。この状態で今まで数回、距離にして50キロ以上走っていたかと思うとなんだかソンした気分になります。
次から出発前に空気圧確認しよ。

今回はiPhone用のアプリで走行を確認しながら進めていきましたが、これ使ってたらサイコン要らなかったんじゃないかと思うくらい速度も距離も出してくれます。
まぁ、GPS測定なので、トンネルの中に入ると速度も出なくなるのはしょうがないところですね。
あとわかっていた事ですが電池が激減します。
1時間ほどのサイクリング中動かして、曲を聴きながらいってたら半分ほどなくなっていました。
これ以上長く乗るのなら予備電池いるかも。
ならサイコン使えっていうことですね(^-^;;

そして今回の裏(?)目標。
それは「走りながらボトルから水を飲む」ことです。
なんじゃそれって感じですが、クロスバイクにはじめて乗ってからずっと思っていることは。とにかく「バランスが安定しない」ことでした。
今現在立ち漕ぎもできないし手放しもできてません。
学生のころだったらできてたんだけどなぁと思いつつ、タイヤが細いせいだということにして慣れるまでがんばっていく予定でしたが、そろそろいいんじゃないかと。

走り始めて数回は、水を飲むとき止まってサドルを降りて、痛むお尻を痛くないヨーと自分に言い聞かせつつ、フレームからボトルを取り出して飲んでいましたが、周りから見ると結構シュールな図です。

できることなら走りながら颯爽とボトルから飲みたいものです。
でもコケたら恥ずかしさMAXです。
そこで、コケても誰からも見慣れないようなくらい道でおっかなびっくり初挑戦。

おや。いけるじゃん。
ぐいっと飲んでボトルゲージに戻す。おおイケるイケる。
拍子抜けするほど簡単にできました。
よっしゃこれなら立ち漕ぎもできるかと思って初挑戦。

……あー。こりゃだめです。
主にお尻が。
立てなくはないですが、ここに至るまでにお尻が限界。
剛性の高いアルミフレームが路面のギャップや段差を的確にお尻に直撃させ続けた結果…。
立ち上がった瞬間お尻から悲鳴が聞こえた気がしました(笑)

あとは大人しく帰宅ですー(^-^;;
走行は、1時間15分で約20キロ。1日の走行距離の記録更新です。
夏場のため昼に走るのは無理があるので夜走っていますが、これくらいがちょうどよいのかもしれません。

サイコンの走行距離は72キロ。
とりあえずの目標100キロまで後数回!

-プライベート
-, ,

Copyright© とあるパソコン屋の… , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.