コンピュータ

「Eee Pad TF101」購入

投稿日:

つい先日、気になるというエントリーを入れた直後だというのに。

いろいろ見ているうちに完全に物欲モード全開です。
とゆーか、ストレスを買い物で発散する気があるのは自覚してんですが…。

さて、そんな話は置いておいて、さっそくレビューしてみましょう。
今回はオークションでの購入となりました。
新品購入でもあまり金額的には変わらなかったのですが、おまけということで液晶保護シートと32GBのmicroSDを付けてくれたのが決め手です。

届いた品物を早速開封。
当然といえば当然かも知れませんが、蓋となっている画面をあげると即起動。
おお。素晴らしい…。

この瞬間的な動作を見るだけでも価値があるって感じです。
サクッとアカウントを登録し、TF101の最大のメリットでもあるキーボードを使ってみます。

別のブログでは「タイピングにわずかにタイムラグがある」とかかれていたため、若干不安なところがありましたが、実際に使ってみると、全くそんな感じはなく、実にスムーズに入力できています。
このエントリーもTF101で書いていたりして。

こればっかりは他のタブレットには真似できません。
というか、このスタイルだとタブレットじゃないよね。
でも、それもまた良し!

このキーボードが非常によいのです。
一般的なパソコンであれば、このキーボードの下にパソコンの本体が隠れているわけですが、あくまでもこの機種は「タブレット」です。
本体は画面の裏に隠れています。

では、本体でもある画面とほぼ同じ重さを詰め込んだこのキーボード下には何があるのでしょうか。

それは、バッテリーです。

本体である液晶裏にもバッテリーが隠れていますが、キーボード側にも第2バッテリが搭載されており、両方を使うとすると、動作時間は実に16時間にも及びます。
これだけは現行で販売されている同性能のタブレットを大きく引き離します。
そのほかにも、SDカードリーダーや、USBポートが内蔵されており、拡張性にも富みます。

「タブレットに拡張性ってどうよ」という意見ももちろんその通り。
しかし、旅行先などで、カメラで撮った写真をアップロードしたいなんてことになった場合は、SDカードリーダーをUSBポートに挿せばすぐに取り込みができるということです。
ここまで行くと、もうすでにパソコンですね。

画面だけでも利用することができるので、ネットを見るだけならタブレットスタイルで。
文字をたっぷり入力するのならば、キーボードドックに接続してパソコンスタイルで。
状況によって使い分けると良いと思います。

個人的には、ネットを見るのなら自宅ですし、外に持ち出してガッツリと使いたいので外はパソコンスタイルでしょうか。
ちなみに、SIMフリーiPhoneでテザリングすれば、どこでもブログの更新ができたりします。

いやはや、世の中進んだものですね。
動作についてのレビューなどはそのうち書いていこうかと思います。
まだ手に入れて2日目。これからです。

-コンピュータ
-,

Copyright© とあるパソコン屋の… , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.