コンピュータ

教室サーバ変更 そして完成へ!

投稿日:

サーバー変更のつづき。

部品を買って帰り、取り付け作業。
簡単すぎるので内容は割愛。

で、無事OSのインストールの段になりました。

さて。今回行わせたいことは2点。
・ファイルサーバとして稼動
・教室の時間にチャイムを鳴らす

ファイルサーバとしてはLinuxで問題ないとして、問題はチャイム。
いままでWindowsで動かしていた為タイマソフトを選びたい放題だったわけですが、Linuxになるとなるとこれを使うわけにもいかず。

どうしたものかとググッて見るといくつかソフトが。
なんだ。それなら簡単だとCentOSをダウンロード。

つい先日仕事で使ったことがあり、RedHat互換ということもあるため安心感。
基本サーバ利用のOSのためゴテゴテしたソフトも不要!

「音さえ鳴れば良いのだよ! 音さえッ!」
ぐらいの気持ちでさくっとインストール。

インストールオプションは基本はそのまま。
一つだけ、ファイルサーバにする為にサーバカテゴリからSAMBAを選択しておきます。

それにしても、CDブートもできるしインストーラも日本語対応。
そのうちWindowsのシェア食われそうな気もするんだけど、余計なお世話?

そんなこんなでインストール完了。
さてさて、後は音の再生。

あ。前のパソコンで使ってたデータってMIDIじゃん。
再生できん! でもこんなことではメゲナイ!
むかーしに変換したことがある。実績は自信だ!

ぐーぐる先生に問い合わせてみると変換ソフトが山のように。
10年ぐらい前は苦労したんだけどなぁ。
とりあえず、下記のサイトを参考にあっさりとwavファイルに変換。
http://homepage3.nifty.com/nanahoshi/convert/midi.html

USBメモリでサーバへ入れて無事再生できることを確認。
うーん。音源が違うせいが若干のビブラート(?)がかかったような気が。
まぁいいか。

データも準備できたので、さっき確認したタイマーソフトを片っ端から試す!
そして…。
片っ端から玉砕!

えー。
なにそれ。
鳴らないじゃん。

ここに来てこれかよー。
鳴るのはわかってるんで、後はソフト。
いやいや。
ソフトに頼ってるからいけんのか?

いろいろと考えているうちに、ふと。
「コマンドラインでいけるんじゃね?」

思ったらぐーぐる先生に聞いてみるべし。
そして下記のページを発見!
http://www.nikep.net/srdpty/index.php?/archives/2-Linux.html

おお「play」!
まんまやん!
テストしても…鳴る!
# play /tmp/chime.wav

ここまでくればこっちのもん。
cronへ打ち込んで自動実行させるべし。
後は時間によって修正。
# vi /etc/crontab
0 9 * * * root play /tmp/chime.wav

これで無事チャイムサーバとして稼動することができました。

ファイルサーバも教室用ということでセキュリティゆるゆる。
全く問題なし。

転送速度も以前の10倍以上!
3GBのデータ転送に30分近くかかっていたのに…2分て!

久々に動作に感動してしまった。

そんなこんなでようやく稼動にこぎつけた新生サーバ君。
今日も教室で元気に稼動しています。

新しくなっても見た目は変わらず。
「見えないところが違うんです」
そんな言葉が大好きなので、パッと見わからないパワーアップって大好きです。

-コンピュータ

Copyright© とあるパソコン屋の… , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.